Area Detector CTがもたらすメリット
Volume Scanによる被ばく量の低減

Volume Scan とヘリカルスキャンの線量比較

ヘリカルスキャンによるオーバーラップがなくなるため大幅に被ばく線量低減します。通常検査に関しては、64列MDCTと比較して被ばく線量を20%低減することができます。特に従来オーバーラップを多く設定する必要があった心臓検査においては、64列MDCTと比較して被ばく線量を最大80%低減することができます。

1Beat CCTA例(多枝病変)

LK例(pre VATS)

小児例

低被ばくと高画質を両立する技術

ハードウェア・ソフトウェアの両面から低被ばくで高画質の検査が可能な環境を提供します。

Area Detector CTがもたらすメリット

※本サイトは医療従事者を対象としています。

ページトップへ