Option System さまざまなニーズに柔軟に対応

頭部4D専用ソフトウエア
ニューロパッケージ 頭部DyVSデータを効率的に活用する専用パッケージ

頭部のDyVSでスキャンされた4Dデータを容易に扱うためのソフトウェア群です。高度に自動化された時相方向のサブトラクションや全脳Perfusion解析、また救急での灌流検査時に最適なAcute Perfusionソフトウェアも含まれます。

4D-DSA

4Dデータに対して、マスク画像作成、3次元自動位置合わせを行いながら時相方向のサブトラクション、各種4D画像表示までを一貫して行うことができるソフトウェア。

4D-Perfusion

4Dデータに対して、全脳Perfusionマップデータを解析・表示・出力を行うソフトウェア。同時に4Dサブトラクションデータも保存される。解析アルゴリズムはASIST-JAPANガイドラインに準拠したSVD+を実装。

Acute Perfusion

救急での灌流画像検査に特化したソフトウェア。全脳のAxialのみの各種マップを1分で解析可能。

4D-Fusion

4Dサブトラクションボリューム、全脳Perfusionマップ、CTA、CTV、マスクなど任意の画像データをフュージョンするためのソフトウェア。

頭部4D専用ソフトウエア
循環器用ソフトウェア郡 心臓CTデータを効率的に活用する専用パッケージ

循環器領域ではさまざまな解析処理が必要となります。Aquilion ONE™ / ViSION Editionは、本体上でこれらのソフトウェアを実装することができるため、スキャンから解析までデータ転送することなく施行可能です。

デュアル解析ソフトウエア
デュアルエネルギーシステム さまざまな解析ソフトウェアを用意しています

Stone Analysis:結石成分弁別

2種のkeV(kV)による撮影により物質ごとに異なる傾きを持つCT値分布直線が得られます。これにより2種の物質の組成分離が可能となります。(尿酸結石,非尿酸結石 等)

Blending Image:仮想kV画像

低kV画像と高kV画像を混合し、仮想で特定のkV画像を作成します。Dual Energy 解析が可能な2種のデータに加え、通常のルーチンで使用していたkV画像を作成したり、最もCNRの良い画像(BestCNR)や、コントラスト強調画像(Enhanced Image)なども作成することができます。

Iodine Map:ヨード造影剤強調画像

2種の物質のCT値がヨード含有量に比例してシフトすることを利用。造影領域の有無としてCT値のカラーマップを表示します(Iodine Map)。同時にヨード差分画像(Iodine Map差分画像)も作成することが可能です。

体幹部血流解析ソフトウエア
ボディパーフュージョンシステム DyVSデータよりおもに体幹部の血液灌流解析を行うソフトウェア

AxialのみならずMPR、VRのマップも作成可能。Single/Dual input Maximum Slope、Patlak Plotの解析アルゴリズムを使用可能。

Aquilion ONE / ViSION Editionならでは体幹部Perfusion解析における特長

Area Detector CTがもたらすメリット

※本サイトは医療従事者を対象としています。

ページトップへ